読書管理のwebサービスランキング(2010年1月)

 

追記(2010/5/3)

CNETが同趣旨の記事書いてた。正直な話、そっち見た方がいいよ。悔しいからトラバしとこう
無料の「読書管理サービス」8選 - CNET Japan
 

はじめに

読書管理のwebサービスを使ってみた感想
↑のエントリを書いてから一年経ちました。
それから「読書 蔵書 管理 記録 感想 本棚 オンライン webサービス オススメ」等の検索語で結構人が来ました。
やはり類似サービス沢山あってどれが良いか分からない、という方が多いと思います。そういう私もです。

そこで、分かりやすくランキングにしてみました。簡単な参考にして下さい。
指標は『1Q84 BOOK 1』を登録したユーザー数です。
2009年5月に出た超話題の本ということで、単純な比較には最適かと
参考にはてブと最終更新日も追加しておきます(はてブは実際に使用する人がつけるわけではないのであれですが、一応注目度として)
 

ランキング(2010年1月4日時点)

 
名称はトップページに、登録数はそのサービスの1Q84個別ページへリンクしています

2009年以前より開始のサービス

名称 1Q84登録数 はてブ 最終更新
ブクログ 2738 user 2009/12
読書メーター 2064 user 2009/11
メディアマーカー 546 user 2009/12
ボッサブックス 145 user 2009/01
たなぞう 61 user 2009/12
Stack Stock Books 48 user 2009/02
本棚.org 18? 2009/03
crossreview 5 user 2009/07
今読ミ 1? 2009/08

 
2009年に開始した新しいwebサービス

1Q84登録数 はてブ 最終更新
読んだ4! 78 user 2010/01
Web本棚 46 user 2009/04
mekutter(めくったー) 不明 2009/11
Myroots 不明 現在ベータ版

間違いやリンク切れ、ここに無いサイト等ありましたらコメント欄でご指摘いただくと助かります
 

まとめ

細かい事を無視したランキングですが、
トップ2の「ブクログ」「読書メーター」が圧倒的ですね・・・
新サービスの「読んだ4!」と「mekutter」はtwitterがメインの今までにないタイプです
多機能が売りの「メディアマーカー」はiphoneアプリまでできました。
1位の「ブクログ」は数カ月前大幅リニューアルして、現在も続々機能追加中のようです。
それを知らず使ってなかったので、詳細レビューはまた来年にでもあらためて
機能等が知りたい方は、今回の記事で大いに参考にさせていただいたid:dolphinkickさんの
読書・蔵書管理・本棚のWebサービス一覧。どれが適しているか?(2008年7月23日時点)
が大変見やすくまとまっています
また、この記事の最初に載せた一年前の私のまとめもどうぞ
  
それでは今年も良い読書を

読書管理のwebサービスを使ってみた感想(2009年1月)

読書・蔵書管理・本棚のWebサービス一覧。どれが適しているか?(2008年7月23日時点)
上記の記事を読んでいろいろ使ってみて数ヶ月たちました。
今実際に3つの類似サービスを使ってます。
なんで3つも? ってあたりを含めて、使用感を紹介してみたいと思います
 

Stack Stock Books

人気度; はてブ 286 user夜は短し歩けよ乙女(文庫) 19 user 
最終更新 08/12/10
私の登録数: 858冊 
使用目的; 読んでない本の管理(積読とウィッシュ)
使用感:
 面白そうな本があったらブックマークレットでウィッシュに登録
 本屋行ったらそれを携帯からチェックして、実際に買ったら積読に登録
 携帯がdocomoの人は携帯のカメラでバーコード読めるらしい 
 ユーザー数が少なめなのでソーシャルな面は少し弱い
 APIが公開されてるので、拡充によって化ける可能性も
 

メディアマーカー

人気度: はてブ 673 user 夜は短し歩けよ乙女(文庫) 98 user
最終更新 09/01/23
私の登録数: 731冊
使用目的: 既読本に★の評価と、タグつけて管理
 
使用感:
 読んだ本を管理、とにかく管理
 現状最強の多機能サービス。
 タグ、★、お気に入り、購入金額、再読、マーク、カスタマイズ、アソシエイト、RSS、一括登録、独自メディア登録
 csvインポート/エクスポート、htmlエクスポート、一括検索、My図書館、物々交換・・・
 今年に入ってからも続々機能追加中・・・とても書ききれません
 欠点と言えば、そんな多機能使いこなせねー、というぐらいではないでしょうか?
 3つのうち、どれか1つにしろと言われたら、まよわずこれですねえ
 

読書メーター

人気度: はてブ 1102 user  夜は短し歩けよ乙女(文庫) 222 user 
最終更新 09/01/10
私の登録数: 17冊 
使用目的: お手軽だから、あと使用者が多いので
 
使用感:
 上二つの保険的な感じで使ってます。機能は今後に期待。
 とりあえずインポートとエクスポートをさせてほしい・・・
 あとは圧倒的なユーザー数を強みに、ソーシャルな方向に特化すれば
 メディアマーカーと差別化できてよさそうではあります・・・
 
紹介は以上です。以下はおまけ
 
なんで珍しくこんな紹介記事を書いたかというと、理由はただ一つ、「他人の本棚が見たい」これに尽きます
書評サイトとか巡っててもリンク貼ってる所は、まだまだ少なくて残念なのです
マイページで自演してみるとですね、こういうことがしたいんですよ
「新刊ハードカバー全然追ってないね・・・文庫待ち派か・・・「赤と黒」★3とかねーだろ・・・お、長門有希の百冊とかいうタグがある、★5多いのは長門補正か? ××は回避して、○○は読んでみるかー」
みたいな
 
まあ、あんまり気負わずに、読んだ本の登録だけなら一瞬ですし、
あとは思い入れの強い奴は感想書いたりタグつけたりして、数年すれば宝物ですよー
てなわけで、是非是非試してみてください